離婚したい理由[1]

私は35歳。夫は40歳で子供はいない。結婚して11年目を迎えた。私達は職場で知り合い結婚した。会社の規定で夫婦ともに同じ会社で働くことはできなかったので、私が寿退社をした。特に大きな喧嘩をすることもなく、仲良く過ごしていたように思う。そんな夫が2ヶ月前から少しずつ変わった。家に帰っても、殆ど話をしなくなった。食事の量も減り、笑わなくなっていった。私はとても心配で、何度もどうしてしまったのか?と聞いたりしても、別に何でもないと言う。鬱のような感じにも思えてきた。会社には行っているが、明らかに夫は別人のように変わってしまった。悩んだ挙げ句、職場の同僚にも夫の様子を聞いてみたりもした。同僚は特に変わったことはないと言う。会社だから我慢しているのだろうか、、、

ある晴れた土曜日の朝のこと。夫は私をじっと見つめ、『別れてほしい、おまえのことが嫌いで言うんじゃないから誤解しないでほしい。』『何もやる気もでないし、誰とも一緒にいたくないんだ。原因も分からない。』『こんなんじゃいけないと思えば思うほど滅入ってしまうんだ。』『頼む』『ごめん』

あまりにも突然すぎて返す言葉も見当たらなかった。長い沈黙が過ぎていった。どれくらいの時間が経ったのかも思い出せない。

私は『別居じゃ駄目なの?』とやっとの思いで聞いてみた。

夫は迷わず『それも、考えたさー!待たせてると思うと辛くなんだって!』

夫の言葉がとても冷たく感じられた。

私は考えてみると夫に伝えると、夫は『有難う、ごめん。』と言った。