筆跡鑑定
裁判所に対する筆跡鑑定書の提出実績が豊富!
どんな方でも文字を書くためには運筆行動が必要です。そのため固有の運動軌跡が記され、これが他人には見られない、いわゆる書癖(筆跡上の個性)となって表れます。
弊社の筆跡鑑定は、有印公文(私文)書偽造や嫌がらせ(いじめ)文書、遺言書や金銭借用書といったさまざまな文書に対応。民事・刑事事件での科学的鑑定にも使える鑑定書を提出いたします。そのほか裁判員裁判においても、誰でも理解できる鑑定書を作成するなど、高く評価されています。
イメージ
裁判所への筆跡鑑定書提出 実績多数!
筆跡鑑定の信頼性
裁判において筆跡鑑定は「ドーバート基準」というものに則して判断されます。これは、信ぴょう性の高いものは証拠として採用され、科学的証拠を示さないで自己の判定に基づき正しさを主張する鑑定については証拠価値がないと判断されるというものです。ドーバート基準は以下4点からなっています。

イメージ

1. 理論や方法が実証的なテストが可能なこと。
2. 理論や技術がピア・レビューされあるいは出版されていること。
3. 結果を評価するために誤差率や標準的な手法が明らかにされていること。

4. 専門分野で一般的に受け入られていること。
筆跡鑑定は公的な資格がないため、裁判ではドーバート基準を満たすものだけが有効な証拠として採用されます。
枠ボトム
筆跡鑑定に関するQ&A
筆跡鑑定はコピーでも可能ですか?

コピーでも可能ですが、精度が落ちることがあります。特にコピーを繰り返したものは、文字が潰れて劣化してしまい、その状態がひどいと鑑定不可能となる場合もあります。できるだけコピー回数の少ないもののほうが、筆跡鑑定の結果が出やすくなります。ただし、正式な筆跡鑑定書を裁判所に提出する場合は、原本確認の有無を聞かれることがあります。裁判に提出をお考えの場合は、一度原本を確認させていただければと思います。


どのくらいの文字数であれば鑑定可能ですか?
1文字からでも鑑定は可能です。複数文字あれば、さらに精度が上がるとお考えください。ただし比較筆跡鑑定については、同一文字で鑑定を行うため、対照資料内に鑑定資料と同一の文字が必要です。
筆跡鑑定のためにはどんな資料を用意すれば良いですか?

完全に執筆者が特定されている、自然体の文字を用意してください。執筆者が曖昧である場合、鑑定結果自体が曖昧となる恐れがあります。資料内に複数人の筆跡が含まれる場合は、鑑定対象者の筆跡がどの部分なのかをお知らせください。文字については、日常何気なく使用している自然な筆跡の方が、より正確に鑑定を行えます。無理に執筆させてしまうと、作為的または無意識的にも筆跡を変えてしまうことがあります。


40年以上前の対象物なのですが、筆跡鑑定できますか?
筆跡鑑定は可能です。筆跡には人間の顔のように、経年変化が見られます。習字など文字を矯正することを行わない限り、筆跡の個性は基本的には変わりません。成年になればほとんどの方の筆跡はかなり固定されるので、鑑定可能となります。
枠ボトム
具体的な調査内容や料金をご紹介します
  • 枠トップ
    イメージ

    誹謗文書の筆跡鑑定

    依頼ナンバー
    案件 筆跡鑑定
    依頼者 三重県鈴鹿市在住
    男性(60代)
    対象物 誹謗文書
    調査期間 3週間
    調査料金 300,000円
    依頼内容

    会社を経営している男性からの依頼。
    会社に自分宛てで、会社を誹謗中傷する内容の手紙が届いた。
    後日、役員宛てにも似たような内容の手紙が届く。プライベートなことも記載があり、会社のことをよく知る人物に違いない。
    文面から人物の予測はできるが証拠がない。そして先日、その人物に対して問い詰めた際にその人物が手紙を触っており指紋鑑定が行えない状況である。当然、本人は認めておらず、内密に筆跡鑑定を行うことに。


    詳しい内容を見る

    枠ボトム
  • 枠トップ
    イメージ

    身に覚えのない借用書

    依頼ナンバー
    案件 筆跡鑑定
    依頼者 三重県伊勢市在住
    男性(32歳)
    対象物 借用書
    調査期間 24日間
    調査料金 400,000円
    依頼内容

    突然、多額の金銭の返済を求める通知書が届いた。
    通知書の送り主に電話をすると、
    「あなたが保証人となった○○さんの所在が分からなくなったため、連帯保証人であるあなたに返済を求めることになりました。」
    との回答であった。
    しかし、連帯保証人になった記憶が全くなく、借用書のコピーをもらったところ明らかに自分が書いた字ではなかった。
    自分が書いていないことを証明するために筆跡鑑定をお願いしたい。


    詳しい内容を見る

    枠ボトム
  • 枠トップ
    イメージ

    勝手に署名された遺産分割協議書

    依頼ナンバー
    案件 筆跡鑑定
    依頼者 三重県津市在住
    男性(50代)
    対象物 遺産分割協議書
    調査期間 4週間
    調査料金 500,000円
    依頼内容

    2ヶ月前、父が亡くなった。遺言書もないようで父の遺産についてはどうするのだろうと考えていた頃、兄から遺産分割協議書が送られてきた。
    内容は兄が遺産の半分、残りの半分は母と自分で分配するというもの。しかし母は同居している兄に全てを託すことに了承したとの事で、つまりは兄が4分の3を受け取るという内容になっている。母はそれに同意したとして、兄と母の署名がなされていた。
    兄は両親と同居しており、父の葬式や母の面倒を見ているため納得してもいい話ではあるが、母に無理矢理納得させたのではないか、若しくは勝手に事を進めたのではないかと心配になった。また母は認知症であるため自分でサインしたのか、そうであれば納得してサインしたかどうかを尋ねても当てにならない。
    そこで筆跡鑑定を行い、母の署名が母自身のものであるか確かめたいとのことで当社に依頼。


    詳しい内容を見る

    枠ボトム
ページの先頭へ
探偵業届出証明書番号 調査完了までの流れ
あすなろ総合探偵社
株式会社Asunaro
三重営業所
【三重営業所】
〒510-0061 三重県四日市市
朝日町7-6 丸山ハウジング
センタービルディング302号
営業所
【本社営業所】
〒460-0011 愛知県名古屋市中区
大須4丁目1-2 三玉ビル4F
探偵業届出証明書番号 探偵業届出証明書番号 LINEの登録方法はこちら 探偵お役立ち情報

Copyright (C) 2014 株式会社Asunaro. All Rights Reserved.